プロフェッショナルケアとセルフケア

歯が悪くなってしまう大きな原因は2つあります。それは虫歯と歯周病です。ほとんどの人がこれらの理由で歯を失っています。患者さんの中には自分はもともと歯が弱いので悪くなって抜けてしまうと、訴えてくる方がいます。実はこれは違います。なぜなら虫歯も歯周病も歯磨きをしっかりおこなって、汚れが上手に取れていればかからない病気だからです。そのため遺伝的理由でもともと歯が弱いということはほとんどありません。福岡の歯科ではプロフェッショナルケアとセルフケアを大切にしています。プロフェッショナルケアとは医院でおこなう歯のクリーニングを言います。一方、セルフケアとは患者さん自身におこなってもらう歯磨きに当たります。

プロフェッショナルケア

福岡の歯科ではまず始めに、どんな患者さんにもお口の中のクリーニングをおこない、徹底的に汚れを取ります。そうすることによって患者さんにお口の中の清潔感、爽快感を与えて歯磨きのモチベーションを上げることができます。

セルフケアの重要性

福岡の歯科では患者さんにセルフケアの重要性について必ず話します。なぜならプロフェッショナルケアも重要ですが、毎日歯医者に来て歯を磨いてもらうことは不可能ですので、やはりなんといっても毎日の歯磨きが一番だからです。